2008年09月26日

朱蒙(チュモン)

朱蒙(チュモン)
キャスト&登場人物
キャスト&登場人物EX(画像付き)
【主要キャスト】
ソン・イルグク、ハン・ヘジン、キム・スンス、チョン・グァンリョル、オ・ヨンス、ホ・ジュノ
【あらすじ&相関図】
あらすじ(BSフジ)
あらすじ(BS11)
あらすじ(BS12 TwellV)
あらすじ(Dlife)
人物相関図(日本公式HP)
人物相関図(BSフジ)
【概要】
高句麗建国の英雄チュモン(ソン・イルグク)が、陰謀や試練を乗り越え強く生き抜く姿を描く。
韓国では52%を超える驚異的な最高視聴率、35週間連続視聴率1位記録を樹立するなど社会現象を巻き起こした。
[脚本]チョン・ヒョンスチェ・ワンギュ
[演出]キム・クンホンイ・ジュファン
【放送年/放送局/放送回数】
2006-2007 MBC 全81話
【放送局リンク】
日本公式HP
BSフジ
BS11
BS12 TwellV
Dlife
韓国MBC
【リンク】
朱蒙(チュモン)、全話視聴感想
意外な新展開、「朱蒙(チュモン)」第74話
ヨミウル巫女ことチン・ヒギョン、挙式
ソソノへの謝罪は? 「朱蒙」第62話
ソン・イルグクとオ・ヨンス もっと無理な母子
「朱蒙」のソン・イルグク、結婚
サヨンとヒョッポの怪しい関係 「朱蒙」第43話より
ソン・ジヒョ登場 「朱蒙(チュモン)」第36話
【O.S.T.】

朱蒙 オリジナル・サウンドトラック(CD DVD) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]



【DVD-BOX】(全1巻)

朱蒙〔チュモン〕 コンプリートスリムBOX [ ソン・イルグク ]



【その他】
「朱蒙(チュモン)」関連グッズ

Amazonで見る


posted by ゴルちゃん at 10:21| Comment(6) | 新着タイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜♪
毎日暑いですけど体調の方はいかがですか?

今さら「朱蒙」でなんなんですがvv、BSでノーカットを放送していた頃はドラマを見る余裕がなかったので(^^ゞ、ようやく最近見ているところなのですよ。

それでですね〜。
そこで、キム・グァンインさん(流民を護送する兵士)やチュ・ウさん!(ムソンから渡されたおむすびを断る流民)、ペク・チェミンさん(ユファに朱蒙の生存を知らせた女官)などを見つけては喜んでいます。

ゴルさんが彼らの名前を教えてくださらなかったら、いまだに、白い嘘のアノ人だ(゜o゜)〜などと見ていただろうと思います(笑)。

おかげで韓ドラを2倍楽しめています〜。ありがとうございます!(^O^)/

まだまだ暑い日が続きそうですから、くれぐれもご自愛くださいね^^。

p.s. 朱蒙〜あまりお好みじゃなかったらお許しくださいね<(_ _)>。
Posted by こん at 2011年08月13日 12:47
こんさん、ありがとうございます。
毎日暑いです、なるべくエアコンはやめようと思うのですが、一度つけると止められなくなります。
「朱蒙」はBSフジで放送当時、吹き替えなのに楽しんで見ていました。
今ほど俳優さんを知らなかったので、いっぱい見逃していると思います。
好きなキャラはヘモス...ヘモス将軍がいなくなってからはちょっと下降気味でした。
ちなみに最初ソソノ派でしたが最後はすっかりイェソヤ派になっていました。
Posted by ゴル at 2011年08月14日 14:09
クムワは、親友だった命を捧げてもいいヘモスに、ユファが現れて、巫女ヨミウルの言うとおり、ヘモスの死を願ったのか?朱豪にも寵愛してたはずが、タムル軍が大きくなるつつある時、解散させようとしたり、ユファへの恋慕だけだったのか?ぷヨを大きくしたクムワなのに潔い、男らしさが見れない、私の見方は、ヨミウルと同じ、クムワはテソより恐ろしい、私が、間違ってたら教えてください
Posted by orureann at 2012年10月29日 01:43
orureannさん、コメントありがとうございます。
同感です。
クムワのヘモスに対する劣等感が不幸を生み出したと思います。
Posted by ゴル at 2012年10月29日 15:23
ゴルさん、返信読んでホッとしました、クムワをヘモスの盟友と説明してるので気になってました、悲劇の英雄は最後朱豪の師になれ、ユファの愛を確かめれたけど、クムワの嫉妬心を疑わずに死んだのか?悲しいヘモス.才覚ある人は、このように陥れられる。朱豪は、きっとヘモスの魂が守ってくれたのでしょう。ここのところLaLaTVで”朱豪”毎日見てます、韓国語が出来たらもっと楽しいでしょうに!アンニョンイチュムセヨ
Posted by orureann at 2012年11月08日 22:07
orureannさん、コメントありがとうございます。
視聴当時は歴史的な知識が皆無にもかかわらず楽しめました。
今は少しは歴史的背景がわかるので機会があれば再視聴したいと思っていますが、なかなか時間的余裕がありません。
Posted by ゴル at 2012年11月10日 16:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: